保坂壮彦日記

ALL IS LOVE IS ALL

これでいいのだ

ザ・クロマニヨンズのライブDVDが発売となる。

 

ザ・クロマニヨンズ

 

最高のロックンロールバンド。

 

色んな音楽が世の中にあるけれど。色んなジャンルを聴いているけれど。色んなアーティストが好きだけど。色んな音が好きなほど満足感は増えると思っているけれど。あまりにも音楽が溢れかえって、自分は何が好きなのか?たまに解らなくなる。いや、解らなくてもいいんだけど、なんつうか。マジョリティが好む音楽を受け入れることが大事だったりするわけでもあって、時代の音を追いかけたりしたくなる衝動もあるからして。そうすると本当にいい物がよくわからなくなる。

 

ザ・クロマニヨンズヒロトマーシー

言わずもがなのTHE BLUE HEARTSからのハイロウズからの、今。

 

何年前だろうか。

心身共に疲れ果てて。音楽を聴き過ぎて。なにがいいのかわからなくなっていたとき。ハイロウズのワンマンライブを観にいった。その時は仕事を兼ねてだったのだが、それがよかったのかも知れない。自らチケットをゲットしてというのではなく、行ける環境と行くタイミングがえげつなかった。

 

なにが?

 

ライブ前からライブ終了まで。ずっとずっと大好きだった。なにも足りてなくて、すべてがあった。不満なんてないし、満足感が溢れ出した。

 

そこで思った。

 

「これからの人生、ハイロウズだけ好きでいればそれでいいや」って。

 

他の音楽やアーティストなんかいらない。彼等のことだけを好きでいればずっとずっと音楽を好きでいられると思った。心の底から。でも、それじゃ仕事にならない。そんなジレンマを感じたことがあった。

 

音楽と仕事。

 

「アナタの趣味はなんですか?」

 

「はい。音楽鑑賞です」

 

この受け答え、できません。音楽は趣味でもないし鑑賞するものでもない。とはいえ、仕事であるわけでもない。何なんだろうな。まあ答えは分かってるんだけど。その答えがこのライブDVDにあるんだろうなと思う。欲しい。買いたい。観たら絶対好きになる。そして、クロマニヨンズだけで今後の人生過ごせるわ、となること必至。それが怖いから、観ないかも。

 

はあ、なんと天の邪鬼なんでしょう。

 

大好きです。

 

だから一歩ひいておきたいんです。

 

めんどくさ(笑)。

 

 

ドライアイ

約三ヶ月前。

 

目の痛みがあり。それでもなんかゴミでも入ったままだろうとほっといたら、網膜潰瘍と診断されて、即、コンタクト使用不可に。治療は目薬と軟膏で。数週間通っていたんだけど、通っていた病院の先生が行く度に違う人でね。行く度にカルテを見直して、投薬治療をするという。言い出すとキリが無いくらい、信用ならんと思い、一念発起で人生初のセカンドオピニオンというものを。

とはいえ、どうやって名医を探せばいいのか?と。この際、ネットの口コミを信じていっちょ賭けてみるか?と病院先を変更。したら、「もう潰瘍は治ってますよ」「それよりもドライアイが酷いですね」「薬出すんで、その薬サシ続ければ治りますよ」と。

www.otsuka.co.jp

を処方された。

これ、胃薬でも使用されているもので。真っ白な目薬。まるで「目から牛乳」状態的な。不思議な感覚。それでも良くなるならばと点眼し続けて早三ヶ月。当たり前のように使い続けて。まあ、夏真夏、そこまで乾燥する季節ではないので、効いているのか解らないけれど、そろそろ目薬が切れるので、改めて病院に行こうかと思っている。

 

ん?

 

だからなに?

 

という日記。

 

 

保坂壮彦日記

 

日記というタイトルなんですよね。

 

ということは、日々の何かしらのことを書き記す場所であるべきなんですよね。それなのに、昔っから毎日言葉を記すことが出来なくて。とはいえ、かなり昔のブログでは日々何かしらの出来事やアウトプットしたいことを書いていたこともありますが、ここ数年、数十年?は、更新頻度が遅すぎるくらい遅くて。日記でもなくブログでもないということを8月に入って思いまして、書いてみようと思いました。

 

そもそも、物書きすることが大好きで。書きたくて書きたくて色んな書き物をやりたがっていたはずなのに、一旦、書かなくなるとまあこれが怠慢ってやつなんでしょうかね。腰が重い、いや、筆が重いとでもいうものでしょうか。書かなくなる。「書くことがない」「時間がない」なんていう言い訳を自分に植え付けてね。誰も求めていないのに書いてもしょうが無いとかね。ていうか、そもそも自己表現したいから書いているのだから。承認欲求なんていらないのに。

 

というわけで、ひっそりとここで宣言します。

 

この、保坂壮彦日記なるブログ。

 

今日から毎日書きます。

 

はい、言いました。

 

言ってみました。

 

本当に出来るかどうか?

 

自分との戦いです。

 

何かしら毎日続けるということを長年続けたことがない堕落した男。

 

言わないと始まらないのでやってみます。

 

それでは、明日。

 

フジロックYouTube生中継、最高だったなぁ。

 

最終日のあれよ、あれ。ハナレグミの「オリビアを聴きながら」。

 

痺れたね〜。

 


www.youtube.com

 

 

2021 → 2022

今年は、感謝。

感謝です。

感謝を常に心に刻み日々生きます。

 

まだまだ全感情を解き放つことが困難で。全行動が弾け飛ぶことも許されぬ日々が続く中。そんな中でも、今日ある全ての景色出来事人モノに感謝の意を捧げることを愚直なまでに続けて行こうと思っています。

 

有り難いことにありがとう、と。

不快なものや悪も含めて感謝感謝、と。

出来うる限り全肯定で行くことを宣言します。

 

途中、破綻することもあるのは重々承知。

 

それでも、ここまできたらやったろうじゃないかっていう意志。

 

どうやら時代は変わったらしいのです。一人悶々と苦しもがいている様に陶酔する美学はもうとうの昔に終わったのです。漆黒の闇の反対側には目が潰れるくらい眩しい光があるのを知ってしまったのです。

 

逆らうことをやめます。

受け入れて、流れて、流れの行くままに生きます。

 

そんな新年の所信表明。

 

お粗末。

 

 

50

 

50

 

とうとう50です。

50歳になりました。

 

いやぁ、まじっすか。いやぁ、まじなんすよね。

 

いつ頃から「僕は●●歳まで生きる」っていうのを意識したのだろうか。生まれたての頃はそんなこと考えもしなかったのは当たり前。幼稚園のころだってそうだろうに。小学生になったって、そんな自分の生きる年数を意識していたことなんてあるわきゃないし。中学生か…。うーん。何歳まで生きるだろうとかはまだまだ思っていなかった気がする。高校生になった頃には少しずつ意識していただろうかな…。

 

根っからの音楽好きなので。雑多に音楽を聴き始めてからは、アーティストの生き様ってやつも意識するようになって。そうだなぁ…最初に寿命というものを意識させられたのは、かのT.REXマーク・ボランを好きになった頃なのかもしれない。

 

www.tapthepop.net

 

30歳まで生きられないと断言していた彼は本当にその通りに30歳手前で亡くなったという事実を知ることになってはじめて、僕はいつまで生きるのだろうか?ということを意識し始めたような気がする。さらに、所謂、今で言うところの“27クラブ”ってやつを知るようになってだろうか。当時はそんな言葉無かったけど、音楽を掘り下げていくと、27歳で生を全うした才能あるアーティスト達に出くわすことになった。掘って掘ってブルースまで辿り着くと、ロバート・ジョンソンがそうであって。ストーンズブライアン・ジョーンズもそう。ジミ・ヘンドリックスジャニス・ジョプリン、ジム・モリソンなどなど。僕が今更言うまでもなく、才能足る天才ミュージシャンは短命だということを強く認識するようになり。太く短く生きる美学に惚れ込んだ時期もあったはずだ。で。これらを決定づけたのは、ニルヴァーナカート・コバーンの死であった。既に僕は大学生になっていて。親父も病気がちでなんだか長生きはしねぇんじゃないかなって思い始めた頃にカートまでもが27歳で死んでしまったということ。

 

とはいえ、自分は著名人でもないし、天才アーティストでもない。ていうかだからといって短命で終わることが素晴らしいということでもなかった。しかし、カートの死を目の前にして、なんだかダラダラ生きるよりもそっちのほうがいいのかな?とか思っていた気がする。

 

そんな音楽に関わる人として、何歳まで今生を全うするか?なんてこととは別に、一個人として、夢はあれがあって、このくらいの歳に結婚とかして、とか。ぼんやりは考えていた気もする。それでも50歳まで生きている自分を想像することは出来なかったなぁ…。というのも、親父が59歳で他界したのが20代前半のころで。その生き様を息子として見ていると、やはり、僕も短命だろうなと思うようになったわけで。でももし、長く生きながらえるのならば、愛すべきジョン・レノンが亡くなった40歳くらいまでは生き延びてやろうと思い決断した気もする。

 

でも、軽々と40歳超えても生きている自分がいたわけで。うーん。40歳なりたてのころだって、50歳まで生きるかどうかなんて、50歳より先まで生きれるとも思っていなかったよなって思うわけで。

 

そしたら、昨日、50歳になっちゃったんです。

 

人生100年時代とか言うじゃないですか。なんかそういうフレーズがある。そんなのあるわけないじゃんとかつい最近まで思っていたけど、実際半世紀生きたというところまでくると、朧気ながら、“よし。人生の折り返し地点に着いたぞ”と思い始めた自分がいるのです。きっと50という数字のキリがいいのだからかもしれない。実際100歳まで生きたいとか、まあ、健康でいて結果生きれれば本望だけど、そこまで長生き目指しているわけではない。でも、今までの50年を振り返ると、なんかね。まだまだやり残したこと沢山あるよなって思えるようになってきたんですよ。ええ。30歳や40歳のころにはそんなこと思ってもみなかったけどね。ここで終わったら煮え切れねえなって思うようになったのですよね。理由は単純。だって、まだまだあるんだもの。これからがリスタートだ!!って言っても過言では無いくらい、沢山生きながら沢山やっつけたい歓びや哀しみや嬉しさや辛さや笑顔や涙や人生色々があるんだよなって、思えるようになったんです。はい。

 

50

 

思えば遠くに来ました。

人生の先輩たちから見たら、まだまだひよっこだろう。

人生の後輩からしたら、けっこういい歳になったんだろう。

 

とにもかくに。

ここまで生きながらえてきた間に関わった全ての人たちに感謝感謝です。

そしてこれからも当分生きる予定なので、これから出会う人たちにも感謝感謝です。

ありがとうありがとうです。

 

人生の節目に。

 

日記でした。

 

お粗末。

GFB`21(つくばロックフェス)を終えて。

 

 

ことしも終わりました。

GFB`21(つくばロックフェス)。

 

何を持ってもまずは、主催者の伊香賀守に感謝。
世知辛い世の中、色んな制限、規制、あれやこれや。音楽を鳴らすイベントやフェスを開催すること自体が難しい日々がずっっっっっっっっっと続いている中、開催することを可能せしめたことに心の底から感謝いたします。主催に携わったスタッフの皆様全員に感謝感謝の意を。そして、あの場に来てくれた最高のオーディエンスの皆様にも感謝感謝感謝の意を捧げます

開催してから13年目。

そして私保坂、13年連続出演ということで、ずっと出続けているのですよね。いつのまにか気づいたらそんな感じです。端から見ると「凄いっすね」ってことなんですが、なんかこの歳になるとそういう感覚も麻痺してくるもんで。言われてはじめて凄いことなのかなって思う次第でございます。

まあ、振り返れば13年前はまだ「ロック・イン・ジャパン・フェスティバル」とやらにも出演していた時期でしたから。そちらに出演し続けていながら、伊香賀に声をかけられて、二つ返事で出演することになり。当時は、つくばロックフェスに出演した後に、ジャパンフェスに出るというのがルーティーン化していましたね。でも、ロッキンに出なくなり、DJをやる頻度も減るようになり、気づいたらこのフェスでDJをやることが僕の生きる道にもなっているような気がしないでもないです。はい。

そんなこんなで、このフェスっていうのは、個人的にとっても意味深いもので。

僕の音楽人生に欠かせない人たちが未だに携わっているのでありました。

今年は久しぶりにそんな戦友、親友、仲間、たちと会話をすることが多々ありました。 

 

 saruta_natunatuna Instagramから

https://www.instagram.com/p/CRbfwoLMzcy/?utm_source=ig_web_copy_link

 

絵描きのnatunatunaのインスタ引用しました。

彼女がささっと20年間の歴史を書いてくれています。

これだけじゃないほどのみんなに出会い支えられ会いここまで来ましたが、彼女の文章を客観的に読んで、ああ、色々あったけど、20年経った今、あの場所でまだ僕は生きているし、みんなも相変わらず生きているし、音楽で繋がったみんなが生き生きとしていることにとても感慨深い思いに浸ってしまいました。

 

10年一昔といいますが。20年は二昔なんでしょかね?

 

齢、もうすぐ50歳になるという初老の男がまだDJをやっているっていう。

やりはじめのころはそんな未来を描いたこと無かったし。です。

色んなモノやヒトに感謝しなくちゃいけないなって思います。

 

 

つくばに来た人も。来れなかった人も。

来たけどDJ聞き逃した人も。来れなかったけどなんか興味ある人も。

かけたりかけなかったりしたプレイリストを公開しましたので。

梅雨明けて、本格的な夏に向けて。

あなたの日々の中にそっと鳴り響くような感じになるようであれば。

嬉しい限りでございまする。

 

追記:今年は2ブヨでした。ハッカ水かけまくったけど。刺されました…。